タマリバーズ2013

アーカイブ 2013

プレイベント

紙芝居・まちのきおく

場 所:二子玉ライズ・ガレリア

第1回 8 月31日(土) ①16:00~ ②17:30~ ③19:00~  ※各30分
【演目】
懐かしの紙芝居『黄金バット』『丹下左膳』『キンちゃんコロちゃん』 
新作紙芝居『二子玉川の昔話』『広場演劇予告編物語』

出演:松山 立  
広場演劇『ただいまのおかえり~二子玉川超遊園地時代~』の出演者から
昭和な人たち

第2回 9 月28 日( 金) ①12:00~ ②13:30~ ③15:00~ ④18:00~   ※各30分
【演目】
懐かしの紙芝居『黄金バット』『丹下左膳』『キンちゃんコロちゃん』 
新作紙芝居『二子玉川の昔話』『広場演劇予告編物語』

出演:松山 立  
広場演劇『ただいまのおかえり~二子玉川超遊園地時代~』の出演者から
昭和な人たち

メインイベント

絵画展「タマニハカイガ」

大学院で日々アートを追求する作家達による、オフィススペースを利用した展覧会です。
アニメ、マンガ、ゲームも宜しいですが。。。
たまにはアートを!たまには絵画を!

概要
日時: 2013年10月7日(月)~14日(月・祝) 8日間 10:00~19:00
場所: 二子玉川ライズ・オフィス 1Fロビー、6Fロビー

企画制作:
多摩美術大学 造形学科
赤池 亮太, 林 晃司

赤池 亮太 Akaike Ryota

◆経歴
1986 02  東京都出身
2011   京都造形芸術大学 芸術学部 美術科 日本画専攻 卒業
2012   多摩美術大学大学院 美術研究科博士前期課程 絵画専攻 日本画研究領域 入学
現在    同大学院 美術研究科博士前期課程 絵画専攻 日本画研究領域2年在籍中

◆活動歴
2012 01  JUGA展(ギャラリーカト/京都)
2013 02  第39回春季創画展 入選 (日本橋高島屋)
06    緑青会日本画展(みなとみらいギャラリ−/横浜)
2013 06 「6」多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程・2年夜間主日本画・油画作品展 (シロタ画廊/東京)

林 晃司 Hayashi Koji

◆経歴
1988    広島県出身
2012    多摩美術大学 造形表現学部 造形学科 油画専攻 卒業
2012    多摩美術大学大学院 美術研究科博士前期課程 絵画専攻 油画研究領域 入学
現在    同大学院 美術研究科博士前期課程 絵画専攻 油画研究領域2年在籍中

◆活動歴
2009    第5回 世界絵画大賞展 入選
2010    第6回 世界絵画大賞展 マツダ賞
     第78回 独立展 入選
2011    第79回 独立展 入選
     第33回 国際龍冨士美術賞 受賞
2012    第80回 独立展 入選
     二子玉川地域連携アートプロジェクト 「タマリバーズ2012」出品
     第1回 損保ジャパン美術賞展 入選
2013 06 「6」多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程・2年夜間主日本画・油画作品展 (シロタ画廊/東京)

広場演劇「ただいまのおかえり ~二子玉川超遊園地時代~」 vol.2

かつてのわたしたちの暮らしの中にあった広場の風景。
二子玉川エリアでいえば、二子玉川遊園地(1985年閉鎖)の存在は記憶の風景として大きな位置を占めているかもしれない。
遊園地のあった土地とそこで生活してきた人たちの記憶を紡ぎ、街の人たちが集う場所としての広場の機能や、
意味合いを再発見し“懐かしい未来”の生活スタイルに繋げたい。
大量のエネルギーを使わなくても、不幸でも不便でもなかった生活を思い出して。
昭和な風景に未来を見つけたい。
そんな思いを水面下に、二子玉川エリアに近在する多摩美、映像演劇学科の学生たちと地域の人たちとで、躍動感に満ちた、
元気&ゆかいなパフォーマスンスによって、広場の風景を創出します。
ガレリア地上だけでなく、同時多発的に階段、バルコニー、なども縦断的に演出の対象に。ガレリアをメインエリアとし、
その空間性を最大に生かした広場演劇を楽しんでいただきました。



概要
日時: 2013 年10 月12日( 土) 12:00~13:00
         13日( 日) 14:00~15:00/18:00~19:00
         14日( 月・祝) 12:00~13:00
         ※60分程度 (30分のオーバチュアを含む) 4回公演
場所: 二子玉川ライズ ガレリアおよび、ガレリア周辺

原案 :萩原朔美
構成:演出 :松山立
プロデュース :加納豊美
出演 :映像演劇学科在校生+卒業生+地域のひとたち
数十人規模のアンサンブル構成

企 画 制 作:映像演劇学科

スタッフ:
•原案: 萩原朔美 •構成・演出: 松山立 •振付: 永野百合子、西村つむぎ、古澤禅 •プロデュース:加納豊美 
•美術:塚原沙和 中村暁華音 山本菜央 •紙芝居制作:青木遥 植木奈穂 室岡侑奈 山本菜央 
•衣装:菊池さーや
•音響:鈴木はじめ •照明:飯塚うなぎ •舞台監督:井関周平 •運営/制作:塚原沙和 中村暁華音
•映像記録:市川玲 深瀬麗央


キャスト:
松山 立、バクシーシ板橋、安藤尚之、柳 雄斗、山田修一、二子玉川郷土史会、事務局長
阿部愛美 有川夏美 安東美瑶 大塚龍馬 岡戸千咲 岡野雄行 亀井響平 神代勘太 斉藤コン 齋藤舞夏 
田中真侑子 庄司玲音 
白鳥みちる 高橋真琴 中村亮太 永野百合子 橋本和珊 平山拳 古川茉奈実 古澤禅 三浦真樹 宮岡有彩 
森野七渚 横尾日咲
東急電鉄二子玉川駅のみなさん、地域のみなさん、100人のシャボン玉隊

松山 立   構成:演出  出演/紙芝居屋

1980年生まれ。俳優・演出家。
明治大学大学院を修了。専門は演技論、俳優トレーニング。
その後イギリスへ留学し、イースト15演劇学校にて演技を学び、シェイクスピア・グローブ座をはじめとするロンドン市内の劇場で数多く舞台を踏む。
帰国後、多摩美術大学映像演劇学科で助手として勤務しながら舞台活動を続けている。
2004年より戯曲の読書会『本読み会』を主宰。

松山 展   出演/紙芝居屋

「バクシーシ板橋」名義で活躍中のエアギタリスト。
日本エアギター協会主催エアギター日本大会東京予選優勝(2007年)、日本大会ファイナル第三位(2009年)、世界大会最終予選出場(2011年)。
また、徳島ロックンロールストリートをはじめ日本各地の音楽イベントに出演している。
松山立とは兄弟。

安藤尚之   出演/ゴジラ

2013年 多摩美術大学映像演劇学科を卒業
在学中よし、役者、モデルとして活躍
昨年度に引き続き”ゴジラ“役で続投出演!!

【主な出演歴(2013年)】
 ・多摩美術大学 映像演劇学科『専門演習Ⅱ』2012年度公演「半神」
@東京芸術劇場シアターウエスト
 ・fifi
 「1cloth 1fashion by violet」
@cafe Liaison
 ・宗教劇団ピャー!! 第六回公演
 「(艸'∀゜*)lilΣ( @Д@∥;)i|l(゜∀゜三゜∀゜三゜∀゜)。+.。゜p(≧□×。)q)))゜。+。゜。+。」
@新宿ゴールデン街劇場
 ・空間交合〈アサンブラージュ〉リジッター企画 第十攻撃
 「でんでんむしのからのなか」
@萬劇場
 ・森山開次×ひびのこづえ×川瀬浩介
 「LIVE BONE」
 【東京公演】@スパイラルホール
 【広島公演】@広島県立美術館B1ロビー特設会場
 ・『第35回PFFぴあフィルムフェスティバル』コンペティション部門・PFFアワード2013 選出作品
 「愛のはずみ」(監督:佐藤悠玄)

西村 つむぎ   振付

多摩美術大学映像演劇学科4年生。
2011年夏よりダンス・振付を本格的に始め、学内アワード受賞歴に福島勝則賞(2010年度)、前期FT大賞(2012年度)がある。
活動の場は学内にとどまらず「ダンスがみたい!新人シリーズ10」や「横浜ダンスコレクションEX2012新人振付家部門」本選出場を果たしている。
クラブイベントでも多々活躍し「Carnavaldu abilletage~abilletage shop 1stanniversary~」にパフォーマーとして出演。
ショーの様子は雑誌「装苑」に掲載された。

古澤 禅   振付 出演/バスガイド

多摩美術大学映像演劇学科3年
2008年夏より、総合舞台芸術「ARTLiVE」にてダンスを中心とした舞台活動をはじめる。
自らが主演・準主演をつとめた作品では、第17回学生CGコンテスト審査員賞、工学院大学デジタルアートコンテスト最優秀賞、映画甲子園2009入選・スパークル賞等々、他多数受賞。
大学内では、学内アワード後期FT大賞(2012年度)を受賞。
2011年秋に気持ち悪い研究会(略してキモケン)を発足し、展示やファッションショーなどこれまで4回活動している。
ファッションショーでは作・演出をつとめ、自主企画としては異例の動員数を記録。
ダンスは主に独学のためジャンルを問わず出演・振付を行っている。
役者・振付の他にも、照明・美術・宣伝美術・衣装・展示・映像制作等、多岐に渡って活動中。

永野百合子   振付 出演/バスガイド

埼玉県立芸術総合高等学校舞台芸術科卒業。
多摩美術大学映像演劇学科3年生。
役者、演出、衣装製作などで、精力的に活動を展開している。ダンスは、クラシックバレエ、日本舞踊、ジャズダンス、コンテンポラリー、神楽舞など様々なジャンルに取り組む。
4人組パフォーマンスユニット、「妖精大図鑑」では、『先輩の落し物~愛と欲望の狭間編~』の振り付けを担当し、コンドルズ振り付けコンペティション2012にて、第3位入賞。

映像展 「たまたまえいが」
二子玉川ライズにたまたま映画館ができました。
多摩美術大学造形表現学部の学生によるショートムービーをたまたま上映します。
映像演劇学科の力作から、造形学科やデザイン学科の秘蔵の映像作品まで、玉石混交勢揃い。


概要
日時:2013年10月12日(土)~14日(月・祝) 3日間
   上映 13:00~19:00
   インスタレーション 13:00〜21:00

場所:オフィス 6F スカイロビー (上映)
   オフィスエントランス 1F 壁面 (上映)
   river front 2F デッキ (インスタレーション)

◎たまたまMOVIE
多摩美術大学 造形表現学部映像演劇学科のほしのあきら教授が学生の中から選出した作品や、
タマリバーズのために制作した新作映像を上映します。
大画面のスクリーンに50名着座できるシアター空間と、ディスプレイ上映の空間が同居する映画館です。

13:00~19:00
オフィス 6F スカイロビー

■スクリーン上映 
TIME TABLE
13:00~
16:00~
  橋本真紀子 「DOUBLE TIME」10分
  小林寛司 「鱗」 2分
  江原沙保梨 「River」 13分
  土田寛也「くるくる」 30秒
  多賀世帆 「漣 ~sazanami~」 10分
  小林寛司 「ボレイ」 2分30秒
  吉國元 「あのね」 15分

14:00~
17:00~ 
  ヒカリコバヤシ 「論」 2分
  川添彩 「きりはじめて、はなをむすぶ。」 10分
  柳田真司 「明鏡流水」 2分30秒
  甫木元空 「11.」 11分11秒
  吉崎光男,山田侑加,植竹茉奈 「陽炎b」 2分
  杉岡みなみ 「SONAR」 8分
  映像開発機構さらいさらう 「あさりあさる」 5分
  鈴木康平 「likely」 10分

15:00~
18:00~
  多賀世帆 「海福丸」15分
  山本菜央 「雨夜の星」 2分
  槇本恵「 A DAY」 8分
  小林寛司 「TEGAMI」 3分
  瀧本百合子「ノー マンズ ランド」 2分 
  リュミエール52秒映画集  11分16秒

■ディスプレイ上映(ループ上映)

寒川響
「きりかぶに森」
「ハッピークルーズ CM1」
「ハッピークルーズ CM2
「UFO E.P. 『海へ行きましょう』」
「UFO E.P. 『パラボラ荘』」

◎WALL MOVIE
映像展のシアター入口であるオフィスエントランスの頭上に、スクリーンが登場します。

13:00~19:00 ループ上映  オフィスエントランス壁面

●浅野拓也 「grow」3分  ●小林寛司 「ボレイ」 2分30分  ●仁木修平 「アロハが聞こえる」 8分
●村田文佳 「残灯」 13分  ●土田寛也 「くるくる」 30秒  
●映像開発機構さらいさらう 「あさりあさる」 5分
●岩澤秀平 「シキシキ」 6分  ●柳田真司 「明鏡流水」 2分30秒  ●かなnoまき 「keyboy」 5分

◎インスタレーションMOVIE
ライズビルの一角に、昼から夜まで流れる展示型映画が登場します。

13:00~21:00 展示  river front 2Fデッキ

●岡本純「窓のなかの田園、黄、茶」
『車窓を横切る風景をモチーフに、現在から過去に通じる、回路をつくり、過去の記憶、光景を移植する。』

【リュミエール52秒映画】
「世界初の映画を実感する試み」~リュミエール兄弟に捧げる~

「最初の映画は、手回しのカメラでの撮影し手回しでの上映だった。フィルムは最長52秒。
撮影カメラ、シネマトグラフは三脚の上に据えられたままだった。

1995年、フィリップ・ブーレが発案し、サラ・ムーンが総監督した「リュミエールと仲間たち」が公開された。
これは、実際に使われたシネマトグラフを修復して、世界中の監督が52秒の映画を作ったものである。
リュミエール兄弟の営為にオマージュを捧げたのだ。

この試みに賛同し敬意を表して、フィルムが消滅しつつある今日、もう一度52秒のワンカット映像作品を作って上映する。
そのことで映画を再考し、映像表現とはなんであったのか答えを探る。それがこの企画の目的である。

1  デジタルカメラでもフィルムカメラでもいい。
  ただし、ズームやパンは使わない。
2 三脚固定。
3 長さは52秒。
4 同録なし。
5 モノクロ。

                           —萩原朔美(映像作家)」

萩原朔美教授のゼミ生を中心に集まった13名の作品です。

●石原弘之 ●内田俊太郎 ●大河原恵 ●大橋咲歩 ●川添 彩 ●鳥本小桃 ●西村果歩
●橋本真紀子 ●原悠介 ●広田智大 ●甫木元空
◆ゲスト:萩原朔美、山口祐子

二子玉川地域連携アートプロジェクト実行委員会 All Rights Reserved.