今後の映画館のあるべき姿を話し合い考えるワークショップ | イベント&ニュース | 二子玉川ライズ
loading

EVENT&NEWS イベント&ニュース

  • トリミングフレーム 今後の映画館のあるべき姿を話し合い考えるワークショップ 今後の映画館のあるべき姿を話し合い考えるワークショップ

EVENT

2022.12.15

今後の映画館のあるべき姿を話し合い考えるワークショップ

東京都市大学 都市生活学部 ユニバーサルデザイン研究室の学生が自身の研究活動の一環として"今後の映画館のあるべき姿を話し合い、考えるワークショップ”を開催いたします。
現在卒業研究にて映画館用フードトレーの開発について取り組んでおり、3Dプリンタで研究用のフードトレーを製作中。実際のトレーとの比較体験の他、映画館の現状・役割について一緒に考えます。
映画館にご興味のある方、ぜひご参加ください。


【日 時】12月15日(木)
【時 間】16:00~17:30(15:45受付開始)
【場 所】東京都市大学 二子玉川夢キャンパス
【参加費】無料
【対 象】映画館に興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。
【定 員】40名
【申込方法】夢キャンパスホームページよりお申込みください。

【内 容】
より安全で快適な映画館用フードトレーの開発について研究しており、試作したトレーについて実際に体験してもらい、率直な意見を伺いたいと思っています。
また、今後の映画館のあるべき姿について、展開すべきサービスや商品など自由に議論するブレインストーミングを行います。


【注意事項】
★ 新型コロナウイルスの感染状況によっては直前の延期・中止もありえますことをご了承ください。
★ 当日37.5℃以上の熱がある方はご参加いただけません。
★ 会場では、記録・広報のため写真撮影を行う予定です。不都合のある場合は、当日会場にてお申し出 ください。
★ 本企画は卒業論文の一環として行います。インタビュー内容やディスカッション内で出た意見は論文の参考にさせていただきますので予めご了承ください。

Twitter FaceBook LINE

イベント&ニュース一覧